Recamp勝浦

千葉県

2019.11.09-10

次は年末かな、って思っていた次回のキャンプですが、色々とあって、今回はちょっと少人数で、サクッと千葉の勝浦まで行ってきました!

千葉の外房ですが、アクアラインを使ったら、思ったよりも短時間で到着することができました。

Recamp勝浦

チェックインが13時から、ってことだったので、その前に「勝浦朝市」ってのに来ました。
9時ごろきたけど、少し遅いのか、なんか想像と違ってだいぶ閑散としてました。。。

Recamp勝浦

坂があったら登っちゃう一同。

Recamp勝浦

とりあえずお参りしとこか。

Recamp勝浦

お参り&キャンプで食べる海鮮を買ったら、お昼ごはんでマグロ漬け丼!お味噌汁付きで700円!やすい!!

Recamp勝浦

13時チェックインなのに、12時ごろについちゃったけど、受付スタッフの人に無言のアツをかけたら受け付けしてくれたので、ちょい前倒してチェックインさせてもらいました。8人用のサイトでゴミ費用などもろもろで16000円くらいだった、と言っていたような気がします。

Recamp勝浦

なにはさておきビールを冷やすのが最優先!
ちなみにこのボックスに貼られているのはキャンプ大臣ダディーオッグ氏のオリジナルの酩酊ステッカー。

Recamp勝浦

この日は8人だけだったので、テントは2張です。どっちが早く張れるか競争!

Recamp勝浦

当然ながら我々の山用のMSR号が圧勝でした。勝利のピースのクー。
やっぱりドデカいキャンプ用テントより、ささささっと設営/撤収ができる山用テントの方が私の好みです。

Recamp勝浦

テントが張れたらご飯の支度です。朝市で仕入れた刺身。これで1500円!

Recamp勝浦

この間までわーいわーいって走り回っていたクーが料理のお手伝いをしてくれている!
おじさんはクーの成長にびっくりでした。
このあと広末涼子に美味しい豚汁の作り方を伝授されていました。クーの花嫁修行始まりました!

Recamp勝浦

Shimuさんのジープでワイルドさをアピール!
今回のタープはShimu家がゲットしたタープで、Shimu家のキャンパー化が加速中!

Recamp勝浦

炊事場&トイレはこんな感じ。
こんな感じのところが4.5箇所あちこちにありました。

Recamp勝浦

トイレの中はこんな感じ。

Recamp勝浦

炊事場は水オンリーでお湯はありませんでした。

Recamp勝浦

女子たちはまたピクニック開始。

Recamp勝浦

前回のMakoのナイフに男心をくすぐられたShimuさんもナイフをゲットして薪割り職人に入門。

Recamp勝浦

子供が遊べるゾーンもあって、そこでクーと妹のユノは無限に遊んでいました。

Recamp勝浦

今回は我々登山隊の新メンバー候補のヤングメンも参加。めっちゃナイスガイだし、家もめっちゃ近いので即採用!

Recamp勝浦

トミー撮影の焚き火で艶っぽくつや姫になった広末涼子(淡路島のお父さん命名)

Recamp勝浦

焚き火で艶っぽ…くはないプニプニの新米つや姫ユノ。

Recamp勝浦

13時くらいから飲み始めていたのに、あっという間に真っ暗になってしまいました。

Recamp勝浦

ねーねー、あのね、わたしね、たいちょといっしょにくらすの。ってこの日何回も私に言ってくる積極的な5歳児ユノ。
25年後にもう一度言って。って言っておきました(笑)

Recamp勝浦

このキャンプ場は「焚き火は21時までです。」とか「22時にはお静かにしてください!」とか、見回りのスタッフが言ってきて、なんか規制強めのキャンプ場でした。
なので、なんだかなーと言いながらも、22時前にはみんなさっさと就寝しました。

Recamp勝浦

二日目。
どうしても濃いコーヒーが飲みたいので、うちからエスプレッソマシーンを持ってきました。

Recamp勝浦

濃いーーーーの抽出!

Recamp勝浦

朝ごはんは最近の名物「広末豚汁」と、ホットサンド祭り!

Recamp勝浦

この小洒落たホットサンドもShimu家のおNEW。みーんなホットサンド持ってて、もはやホットサンドが一家に一台だわ(笑)

Recamp勝浦

ホットサンドにチーズ、ハム、みかんって絶対美味しい気がする!って私が閃いて、早速作ってみることに。
みんなすごい懐疑的だったんだけど、実際に食べてみると!

↓↓↓

Recamp勝浦

うーん、ビミョー。。。(笑)

Recamp勝浦

私「でもおいしくはないけど、まずくはないよ!」
広末「絶対ないほうがいいよぉ」
ダディーオッグ「あー、まぁ無しじゃないっすね」
って、トミー!なんだその嫌そうな顔は!笑

Recamp勝浦

最後は集合写真を撮ったら、近くのつるんつるん温泉ってとこに入って解散しました。
このメンツでのキャンプは今年はこれで最後!また来年どこかでキャンプしましょう!
次はやっぱり区画や細かいルールが決まってないフリーダムのところが良いなぁ。

感想

勝浦の朝市で美味しい海鮮がGETできたのはよかったけど、海が見えるわけでもないし、近くにいい温泉があるわけでもなかったので、まぁまぁって感じでしょうか。ちょいちょい決まりが多くて不自由感があったのが▲でした。

Recamp勝浦

おすすめ度:★★★☆☆

住所: 千葉県勝浦市串浜1830
TEL:
【ホームページ】